シミに効く化粧品

自分の肌の悩みにあった美白化粧品でシミ対策をしよう!

顔のシミが目立ってきた時に使いたいシミ対策化粧品。美白目的で優れた化粧品は多く販売されていますが、シミに効く方法は各化粧品さまざま。肌の悩みにあった美白化粧品を探すのにぜひ当サイトを参考にしてみてください。

 

\肌の状態に合わせたシミ対策化粧品を選ぼう/

≪シミに効く化粧品≫ショック!顔のシミが目立ってきたら

シミに効く化粧品の探し方。肌の悩みから選ぶ

≪シミに効く化粧品≫ショック!顔のシミが目立ってきたら

しわやたるみも気になる!シミ対策しながらリフトアップしたい人には、美白マッサージ用オールインワンジェル。

詳細を見る

≪シミに効く化粧品≫ショック!顔のシミが目立ってきたら

濃いシミを早くなんとかしたい!皮膚科のシミ治療でも使われている、即効性の高いシミ消し成分「ハイドロキノン」配合の化粧品

詳細を見る

≪シミに効く化粧品≫ショック!顔のシミが目立ってきたら

肌が弱くて美白化粧品はピリピリ。肌の基礎体力をあげながら美白成分が効きやすい肌にする敏感肌でも安心の美白化粧品。

詳細を見る

シミに効く美白化粧品おすすめランキング

シミウス薬用ホワイトニングリフトケアジェル

肌に負担のかからない美白成分を使用!

リフトアップしながら美白をしたい人にオススメ

 

≪シミに効く化粧品≫ショック!顔のシミが目立ってきたら

  • 美白成分:プラセンタエキス(メラニンの生成を抑制)
シミ予防 濃いシミ

保湿 低刺激

肌表面に出ているシミだけでなく、ジェルでマッサージをする事で肌の内部に隠れているシミまでアプローチ。肌に出てくる前にシミ対策が出来るマッサージ用美白オールインワンジェルです。

薬用ホワイトニングリフトケアジェルのおすすめポイント
  • 国から「美白効果あり」と認められた医薬部外品
  • マッサージを取り入れながらのシミ対策化粧品で、強い美白成分を使っていないため、肌への負担が非常に少ない
  • シミ対策もリフトアップも同時にできるので、エイジングケア対策したい人に売れています

 

薬用ホワイトニングリフトケアジェルの一言口コミ

強い美白成分を使う事に抵抗があり、なるべく肌に優しいものをと思って選びました。マッサージを続けて3か月ほどで、シミが徐々に薄くなってきたように感じます。

 

使って1番良かった点は、皮膚に摩擦や刺激を全く与えずマッサージできる事。

 

顔のたるみも気になっていたので、マッサージ用オイルやジェルは他にも使った事がありますが、シミウスの用ホワイトニングリフトケアジェルは力を入れても皮膚摩擦が起きずにマッサージできるので、1番使いやすいです。

 

 

▼隠れたシミが出てくる前にケアできる▼

 

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト

シミ消し効果の高いハイドロキノン使用なのに肌に優しい!

ハイドロキノン初心者でも使いやすい安心コスメ

 

≪シミに効く化粧品≫ショック!顔のシミが目立ってきたら

  • 美白成分:ハイドロキノン、アルブチン、ビタミンC誘導体など
シミ予防 濃いシミ

保湿 低刺激

シミ消し効果が最も高いといわれるハイドロキノン配合の美白コスメ。ハイドロキノン配合でも刺激が低く敏感肌の人でも使いやすいので、最初に使うハイドロキノン化粧品としておすすめです。美白以外に、シワ、たるみなどのエイジングケア対策も◎

 

アンプルールラグジュアリーホワイトのおすすめポイント
  • シミ消し効果の高いハイドロキノン(濃度2.5%)を配合
  • ハイドロキノン初心者にも使いやすい低刺激
  • 化粧水にもハイドロキノンを使い徹底美白
アンプルールラグジュアリーホワイトの一言口コミ

美容皮膚科でも使われるハイドロキノンを使ったシミ化粧品という事で、恐る恐る使ってみましたが、肌への刺激がなくとても使いやすかったです。

 

1か月くらいでシミが薄くなってきた気がするので、さすがのハイドロキノンだと思います。夏は良いのですが冬は乾燥肌の私にはやや潤いが物足りないかな?保湿クリームを追加して使っていこうと思います。

 

 

▼シミの特効薬ハイドロキノン配合の化粧品▼

 

ビーグレンホワイトケアセット(QuSomeホワイト)

リピーターの多い濃厚な美白コスメ!シミを早く無くしたい方に

 

≪シミに効く化粧品≫ショック!顔のシミが目立ってきたら

  • 美白成分:ハイドロキノン、ビタミンC、ビタミンC誘導体など
シミ予防 濃いシミ

保湿 低刺激

 

ハイドロキノン配合の美白化粧品。ハイドロキノンの濃度は1.9%ですが優れた浸透技術(特許取得)により、実際はハイドロキノン4%濃度のものと同じくらいの効果があります。

 

効果が高くても、ゆっくりハイドロキノンが皮膚の中で放出されるよう作られているので、刺激はかなり低め。

 

何をやってもシミが消えない!濃い大きなシミに悩む人におすすめの化粧品です。

 

ビーグレンホワイトケアセット(QuSomeホワイト)のおすすめポイント
  • ハイドロキノン濃度4%のものと同じくらいの効果あり。早くシミをなんとかしたい方に
  • ゆっくり肌の中で浸透しつづけるので、刺激がほとんどない
  • 保湿力の高い化粧水、ビタミンC美容液などと使うとさらに効果大
ビーグレンの一言口コミ

以前からビーグレンのハイドロキノン美容液を含んだホワイトケアプログラムを愛用しています。ハイドロキノンは使用後1週間で、色素沈着してしまった傷跡が薄くなり、その効果に驚きました。

 

以前のホワイトケアプログラムは乾燥肌の私には保湿不足でしたが、化粧水が変更になった事で、冬でも美白できる内容に。ビタミンC誘導体も即効性のある種類にかわったので、さらにシミやくすみに良くなったと思います。

 

 

▼ハイドロキノンの浸透率が高い!頑固なシミに悩んでいる方に▼

 

ポーラ オルビス ディセンシア サエル

敏感肌だけれど美白ケアしたい人にオススメ

 

≪シミに効く化粧品≫ショック!顔のシミが目立ってきたら

  • 美白成分:ビタミンC誘導体、コウキエキス、ムラサキシキブエキス、アルニカエキスなど
シミ予防 濃いシミ

保湿 低刺激

 

今まで美白化粧品を使うと肌荒れしていた敏感肌でも美白が出来る!と販売以来売れまくっている化粧品。シミになりやすいターンオーバーが乱れがちな敏感なお肌を守りながら美白が効きやすい肌へと導きます。

 

サエルのおすすめポイント
  • 低刺激で敏感肌でも美白ケアができる
  • 特許技術使用の美白クリームが、美白効果が出にくかった敏感な肌から結果の出やすい肌へ
サエルの一言口コミ

春から夏にかけては、毎日しっかりUV対策をしてもすぐに顔が茶色くくすんでいました。

 

美白が効きにくい肌質に良いと聞きサエルを使い始めた所、春夏通して顔が茶色くならず、透明感まで

 

刺激が一切なく使って気持ちの良い美白コスメで手放せません。

 

▼美白成分が効きやすい肌へと導く敏感肌専用コスメ▼

 

富士フィルムアスタリフトホワイト

乾燥肌でも潤う美白化粧品を探している人に

 

  • 美白成分:アスタキサンチン、ビタミンC誘導体、アルブチンなど
シミ予防 濃いシミ

保湿 低刺激

保湿力が高く、肌が乾燥している人が冬に使っても潤う美白化粧品。美白化粧水の感触が優しく、特に敏感肌用に作っているわけではないのですが、肌が弱い人でも使いやすいローションです。

 

全アイテムに、紫外線によるコラーゲン変性を防ぐアスタキサンチンを配合しています。波長の長い紫外線(UVA)による、シワやたるみ対策をしたい人におすすめ。

 

アスタリフトホワイトのおすすめポイント
  • 潤いたっぷりの美白化粧品で乾燥肌・敏感肌でも使いやすい
  • 紫外線によるコラーゲンの変性を防ぐアスタキサンチンを配合しているので、シミの他、シワやたるみ対策ができる
  • 美容液の美白効果がリニューアルで10倍に。消えないシミの大元に働きかけます
アスタリフトホワイトの一言口コミ

みずみずしく、しっかり潤う美白化粧水のアスタリフトホワイトローションの使い心地が良くて、つい何度もリピートしています。

 

最近はシミ以外に、光老化によるシワやたるみが気になるので、紫外線の悪影響をシャットダウンしてくれるアスタキサンチン入りのアスタリフトホワイトは日差しの強い日に使うと安心感があります。

 

 

▼紫外線によるコラーゲンダメージを防ぐアスタキサンチン配合▼

 

美白化粧品選びに迷ったら・・・おすすめNo.1は、薬用!美白オールインワンゲル シミウス

≪シミに効く化粧品≫ショック!顔のシミが目立ってきたら

≪シミに効く化粧品≫ショック!顔のシミが目立ってきたら

シミ予防 濃いシミ

保湿 低刺激

30代以上の女性に人気のシミウス。美白だけでなく、たるみなどのエイジングケアに効果的なのも人気の理由です。

  • 国から「美白効果あり」と認められた医薬部外品
  • 「塗る美白」「美白マッサージ」「深層保湿」のオールインワンジェル
  • 美容皮膚科でも注目されている薬用オールインワンジェル
  • 93.9%の高リピート率

シミウスの薬用ホワイトニングリフトケアジェルは、ハイドロキノンのようにシミに即効性の高い成分が含まれているわけではないのですが、マッサージをしながらシミを表面に浮き上がらせてメラニンを排出していくので、人間本来の排出機能を使った自然なシミ対策が可能です。とても肌に優しいシミのケアができる、というわけですね。

 

非常にマッサージのしやすいジェルで力を入れても皮膚摩擦が起きません。そのため、刺激を与えずマッサージする事ができます。マッサージ効果でリフトアップも!

 

隠れジミにも!製薬会社の薬用美白ジェル >>

 

 

▼続きを見る

ハイドロキノンが配合されている為、目に見える効果がわかりやすい!といった特徴があります。

 

また、ハイドロキノン化粧品を使うと肌が乾燥しやすくなるのですが、肌に優しく安定化させたアンプルールのハイドロキノンは、乾燥しないと評判です。

 

刺激も少ないので、ハイドロキノン化粧品を使うのが初めて!という方でも安心して使えます。

 

ラグジュアリーホワイトにはさらに、保湿に重要なセラミドやコラーゲン生成を促すビタミンC誘導体、老化を防ぐレスベラトロールなどもふんだんに含まれています。

 

美白・しわ・たるみなどエイジングケアも同時に出来るシリーズなので、全体的な肌の衰えを感じてきた方にもおすすめですよ!

シミに効いた?美白化粧水を使った体験談

 

メビウス薬品のシミウスを使ってみました。製薬会社が作ったシミ化粧品という事で期待大!新薬と臨床という医学雑誌にも載った医薬部外品で、かなり本格的です。

 

 

アンプルールはよく読む女性誌にしょっちゅう掲載されているので以前から名前は知っていました。ハイドロキノンがシミのチロシンに働きかけるというのをみてこれは効果がありそう・・・と思って使ってみることに。

 

 

敏感肌でも安心という美白化粧品です。単に肌に優しいというのではなく、美白が効きやすくなるなど肌質がよくなったという口コミも見かけます。

 

 

ハイドロキノンの成分が1.9%の配合率なのに、効果は4%濃度のものと同じと、浸透力が高いのが特徴です。何を使ってもシミが消えなかったという人に人気で、リピーターが非常に多いメーカーです。

 

美白化粧品が効くシミ。化粧品が効かないシミ

シミに良い化粧品をご紹介しましたが、化粧品では効果のないシミもあるので要注意です。

化粧品が効きやすいシミ

 

老人性色素班(日光性黒子)
紫外線(日焼け)、洗顔などによる摩擦、血行不良などが原因のシミで、最も多いシミのタイプ。日光の当たりやすい頬骨のあたりに出来やすいシミで、初期の薄いシミの時は特に化粧品の効果が出やすいです。

 

 

肝斑(かんぱん)
顔の左右対称に広がるシミで、頬骨からこめかみにかけて出る事が多いです。もやっとしたグレーがかった色、薄い茶色な事が多く、30代〜40代女性に多いシミ。紫外線の他、ホルモンバランスの崩れが原因といわれています。

 

 

炎症性色素沈着
かきむしった跡、ニキビ跡、色素沈着などがシミになったもの。若いころは放っておくと自然に治るのですが、年齢と伴に代謝が落ちると肌に残りやすくなるため、化粧品でケアしてあげると◎

化粧品が効きにくいシミ

 

そばかす
広告上、そばかすに対応した美白化粧品も存在するのですが(理論上は可能なため)、実際にはそばかすを消したり薄くするのは、現在のところ難しいといわれています。レーザー治療で治る事もありますが、再発する事もあり、治療が難しいタイプです。ちなみにそばかすとシミに違いですが、1つ1つ小さなシミが、三角形や四角形になっていて、鼻を中心とし、ちらばっているものがそばかすです。

 

 

脂漏性角化症
すでに存在しているシミに、日光があたり、肌の表面が凸凹になったもの。この状態になると化粧品でシミは消せません。レーザー治療が適しています。

 

 

花弁状色素班
海水浴などで急激に日焼けをした時に起こりやすい、背中や肩にできるシミで、花びらのような形をしていたり、凹凸のある脂漏性角化症になりかけのシミ。化粧品ではシミをなおせず、レーザー治療が適しています。

シミの原因と予防法

女性の多くはシミに悩み、毎日のお化粧によってカバーしているというのが現実です。透明感のある白い肌は女性にとって永遠の憧れであり、年齢を重ねるごとにその思いは強くなる傾向にあります。憧れの肌に近付くために、まずはシミを作り出す原因を知ることから始めましょう。

 

私たちが浴びている紫外線、これこそがシミの原因です。私たちの肌は紫外線を浴びると体内でメラニン色素が生じさせ、紫外線が身体の内側に侵入することを阻止します。不要となったメラニン色素は新陳代謝によって身体の外へと排出される仕組みになっていますが、大量の紫外線を浴びるとメラニン色素の生成量は急激に増加し、異常反応を起こすことがあります。異常反応を起こしたメラニン色素は排出されず、肌表面にシミとして残ってしまいます。

続き...

では、シミを作り出さないためにはどの様な予防が効果的なのでしょう。例えば肝斑と呼ばれるシミはホルモンの影響に大きく左右されてしまうものであり、ホルモンが正常に戻れば消えてなくなるシミです。しかし、肝斑が紫外線を浴びると症状を悪化させてしまうこともありますので紫外線対策を忘れてはいけません。また、シミの中でも老人性色素斑に悩む人は非常に多いとされています。始めは目に見えないほど薄い色素斑ですが年齢を重ねるごとに表面化し、クッキリするのが特徴です。若い頃の紫外線対策の怠りが原因であり、美白化粧品で効果を得られない場合はレーザー治療を受ける必要があります。例にあげた以外にもシミの種類は存在し、適切な予防を必要としますが、共通して言えることは紫外線予防が第一と言うことのような気がします。

美白に欠かせない紫外線予防法

紫外線予防をほぼ100パーセントで行いたいのであれば、太陽が出ている時間帯は室内に閉じこもっているのが1番良い方法と言えるでしょう。しかしこの予防法は、大人も子供も継続的に実行することは不可能と言ってもよい非現実的な予防法です。そこで重要なのが物理的な方法で肌を紫外線から守るということです。

 

最も多くの人が行っている予防法と言えば日焼け止めクリームを塗ることかと思います。夏は肌の露出が増える衣服が多いため、日焼け止めクリームは欠かすことの出来ないアイテムです。1日に数回塗ることで予防効果が高まるとされていますので、カバンに入れて持ち歩いているという人も多いことでしょう。また、日焼け止めクリームを塗った上から1枚シャツを羽織るとかアームカバーを身に付けるなど、予防法を2つ以上同時に行うのも効果的かと思います。

続き...

日傘の使用は頭だけでなく顔や首も紫外線から保護することができるので予防法としては効果的ですが、子供が差すには難しく、男性が差すには抵抗があるかもしれません。年々、UVカット商品の性能は向上しており、デザインも流行に合わせたものが増えていますのできっとお気に入りの予防グッズが見つかることでしょう。また、着用する衣服の色や素材でも紫外線予防は可能です。もちろん全ての方法を外出時に実行出来るわけではないと思いますので、その時、その時で出来る範囲の予防法を心がけるようにしましょう。

美白の方法とは

美白をしたいと考えている人の中には、実際何をどのようにしたらよいのか方法が分からないという人も多いのではないでしょうか。実は美白方法の基本は日常として身に付けてしまえば意外と簡単なことであり、誰でも実行することができます。

 

例えば、紫外線の影響によって作り出されるシミの予防法としてあげられるのは、何と言っても紫外線を浴びないこと、つまり日焼け止め商品やUVカット商品の使用です。紫外線が強い日の外出時、ついうっかり日焼け止めクリームを塗り忘れたとか、日傘を忘れたという経験はありませんか。たった1日のうっかりが後に数ヵ月、数年のケアを必要とする状態になることもありますので、予防は習慣として身に付けるようにしましょう。また、皆さんの中には紫外線の強い夏だけ念入りにお手入れしているという人もいるかと思いますが、私たちは季節に関係なく紫外線を浴びており、メラニン色素もまた季節に関係なく活動しています。

続き...

そのため、肌は1年中シミやそばかすを作り出しやすい環境にあると言え、美白化粧品の使用も1年を通して続ける必要があります。特に肌が生まれ変わる夜のケアは美白化粧品の成分が浸透しやすいので、非常に効果的と言えます。しかし、早くに効果を得たいからと1度のケアでたくさんの量を使用することや自己流のケアは肌に負担をかけることがあるためよくありません。商品ごとに定められている使用回数と使用量はきちんと守るようにしましょう。

 

▼続きを見る

資生堂 HAKUメラノクールホワイトソリッド

40代の消えないシミ対策・肌のくすみ対策にオススメ

 

≪シミに効く化粧品≫ショック!顔のシミが目立ってきたら

濃いシミ シミ予防 保湿

 

資生堂 HAKUメラノクールホワイトソリッドに含まれる4−メトキシサリチルサンカリウム塩は、厚生労働省から医薬部外品の美白有効成分として認められています。お肌の天敵「メラニン」に働きかけ、紫外線の影響でできるメラニンを防止したり、出来てしまったシミの進行をとめる効果が期待できます!

 

page top