アンプルール ハイドロキノン 効果

アンプルールのハイドロキノンの効果は?

ハイドロキノンはシミの本体「チロシン」に働きかける成分


しみやくすみの原因となるメラニンの本体は、チロシンというアミノ酸の一種です。チロシンがチロシナーゼという酵素と結合する事で、メラニンが作られます。

つまり、チロシンチロシナーゼを抑制する事が美白ケアの要と言えます。

従来の美白成分は、主にチロシナーゼを抑制し、関節的にチロシンの働きを抑えてきました。

一方、ハイドロキノンは、シミの本体であるチロシンに直接働きかけます。

アンプルールのハイドロキノンの効果は?肌荒れしない?


チロシンの働きを抑えチロシナーゼとの結合を防ぎ、メラニンの活性化を抑制する事ができるのがハイドロキノン。

アンプールではこのチロシンを防ぐハイドロキノンを高濃度で配合しています。

高濃度でも安定化しているアンプルールのハイドロキノン


アンプルールで使っているハイドロキノンの濃度は2.5パーセント。

ハイドロキノンが安全に効果を発揮するのは1.5パーセントから4パーセント前後と考えられています。

販売されているハイドロキノン化粧品の濃度は2%前後のものが多いので、アンプルールのものは、平均よりやや高めと考えられます。

ハイドロキノンはその美白効果の高さから、敏感肌の方には刺激が強すぎる事もありました。

シミやくすみを取るぐらいの効果があるので、成分としては非常に強いのです。

しかし、アンプルールのハイドロキノンは次世代の新安定型ハイドロキノンで従来のハイドロキノンと比べても安全性が高いと言われています。

アンプルールのハイドロキノンの効果は?肌荒れしない?


ハイドロキノンはもともと不安定な成分で空気に触れることによって酸化したり、変化しやすい性質があり、長時間肌にとどまらせるのは負担が大きいと考えられていました。

しかし、アンプルールの新安定型ハイドロキノンは、安定させる物質BCDACで守られ、酸化や変質することなく肌にとどまらせることが出来るように。

アンプルールのハイドロキノンの効果は?肌荒れしない?


成分を守る物質で囲まれた事によって、従来のハイドロキノンよりも安定して効果が発揮され、肌への刺激もなくなり、肌が弱い方でも安心して使えるハイドロキノン化粧品となっています。

アンプルールのハイドロキノンの使い方


アンプールラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110は、アンプルールのハイドロキノンが最高濃度2.5%で含まれています。

スポット集中美容液で、夜、洗顔後にすぐに使います。(化粧水の前)


この際、ゴシゴシ肌をこすらず、ぽんぽんと肌へ優しくなじむようにつけていきます。

カプセルに包まれたハイドロキノンが、寝ている間、長時間に渡ってゆるやかに作用していく美容液です。

肌への刺激を感じる人はほとんどいないので、敏感肌でもシミを消したい!という方には特におすすめできるハイドロキノン配合美容液です。

▼アンプルールのハイドロキノン化粧品のトライアルセット▼




ハイドロキノンは美白を促していきますが、どういった作用がありそのような効果を生み出すのでしょうか?シミができたり肌がくすむのは、メラニンの生成が深く関係しています。チロシナーゼの働きを防ぐ化粧品は多くありますが、メラニンの生成の主成分はチロシン。チロシンを防ぐことによって従来の化粧品よりもはるかに高い効果を生み出すことができます。チロシナーゼの活性化を抑えるのも、アルブチン、コウジ酸、ビタミンCなどその他の美白成分と比べるとハイドロキノンは、はるかに高く、現在ある美白成分の中で最も効果があると言われています。ハイドロキノンはもともとアメリカなどの海外で人気がありましたが、つけた部分が赤くなる、肌が荒れてきたなどの不具合も多数ありました。効果は高いが副作用も強い薬として認識されていましたが、アンプルールでは新安定型ハイドロキノンを使うことによって安全に美白を目指せるようになったのです。
page top