ニキビ治療が美白を作る

皆さんの中には今までにニキビで悩んだという経験を持つ人はどのくらいいるでしょう。

ニキビとは毛穴に詰まった皮脂が起こす炎症であり、成長とともに改善されるというものではありません。

ニキビが改善されても肌には跡が残ることもあり、この跡は美白の妨げにもなりますのでしっかりと治す必要があります。

ニキビは治ったのに、ニキビ跡ははっきりとわかるほど残ってしまったというのは炎症後色素沈着という症状です。

 

最初

最初は赤みを帯びたニキビ跡も放っておくと徐々に茶色く変化し、シミになります。

薄い茶色のシミは時間の経過とともに消える場合がありますが、摩擦によって黒く悪化したシミは美白化粧品の使用などによって改善を目指す必要があります。

美白化粧品を選ぶ際、少しでも早く症状を改善したいとの思いから美白効果の強いものを選びがちですが、これは間違った考え方です。

美白効果の強い化粧品は成分の配合濃度が高すぎる傾向にあり、肌に与える刺激も強いことがあります。

 

通常

通常の肌には影響が無くてもニキビがある状態の肌はいつもよりも敏感肌であるため、刺激の強い美白化粧品の使用は避ける必要があるのです。

しかし、最近では低刺激で美白効果の強い化粧水も増えていますが、低刺激の物は価格が少し高めなため継続的に使用することは難しいと考える人もいるでしょう。

使用から1ヵ月程度でニキビ跡などのシミが改善されると高い評価を得ているものもありますのでトライアルキットなどで試してみる価値は十分にありそうです。



このページの先頭へ