ロドデノール 化粧品 会社

ロドデノール化粧品を使用している会社は?

ロドデノールをご存知ですか?ロドデノールとは、カネボウで白斑問題が起きた原因の物質です。

 

ロドデノール化粧品を使用している会社は?

大きく報道されていたのがカネボウ化粧品の製品でしたが他には

  • カネボウ化粧品の関連会社である旧リサージ
  • 株式会社エキップ(RMK、SUQQU)

以上の製品もロドデノールが含まれていました。

 

そもそもロドデノールって?

元々、ロドデノールは白樺の樹脂に含有されている天然物質なのですが高い美白効果があると言われており、それに早くからカネボウ化粧品が注目して研究開発していました。

 

その結果、2008年に厚生労働省から薬用美白成分として承認を得ることが出来ました。

 

しかし、商品として発売されてから副作用も多くみられるようになりました。

 

肌がまだらに白くなると言う白斑でした。

 

現在は発売中止されていますが開発のカネボウは白斑が起こるメカニズムについてはまだ解明できていないそうです。

 

ロドデノール以外の美白成分

美白効果の高いと言われていたロドデノールですが今回のような問題が起こってしまうと他の美白効果があると言われている成分の安全性も不安になってきますよね。

 

ロドデノール以外で良く使用されている美白成分とその安全性についてまとめてみました。

1 :ハイドロキノン

美白効果成分として昔から医療機関で使用されていた成分です。日本では2001年から化粧品として利用することが出来るようになりました。現在は処方箋がなくてもハイドロキノン含有化粧品が簡単に手に入るようになっています。
ハイドロキノン配合している化粧品メーカーで有名なのには、アンプルールとビーグレンがあります。
参考
アンプルールのハイドロキノンの効果は?肌荒れしない?
ビーグレンのハイドロキノンの濃度は?シミに効く?

 

2:アルブチン

美白成分としてポピュラーで美白化粧品の多くに配合されています。一般的に販売されているものは特に問題はありません。
人気の高い化粧品としては、フジフィルムのアスタリフトホワイトがあります。
参考
富士フィルム化粧品の美白美容液とクリームを買ってみました。

 

3:ビタミンC誘導体

長年研究されてきた成分なので安全に使用できるます。しかし、肌質や濃度、又は体調によっては刺激を感じる事もあります。
ビタミンC誘導体化粧品としては、アンプルール富士フィルムアスタリフトプリモディーネのVCローションなどがあります。

 

4:エスクレシド

ポーラ研究所独自のものでセイヨウトチノキというトチノキ科の落葉樹の果実・葉・樹皮から抽出した成分です。敏感肌に対しても安全性が高く、美白効果の相乗作用も期待できる成分です。
参考
美白化粧品サエルの効果は?敏感肌でも使える理由とは?

 

5:コウジ酸

名前の通り麹から発見されたものです。歴史は古く1907年に発見されましたがその後安全性の懸念により使用が出来ない時期もありましたが2005年には厚生労働省より安全性について特段の懸念なしと発表され、化粧品も販売再開されるようになりました。
参考
デルメッドの美白効果は?シミは出来なくなる?

 

 

上記にあげたものは、現在使われている美白成分ですが、異常を感じたらすぐに使用をやめて医師に相談するようにしてくださいね。

page top