日焼けした肌を白くする方法!早く戻したい時にやる事リスト

日焼けした肌を白くする方法!早く戻したい時にやる事リスト

日焼け止めを塗る、帽子をかぶる、日傘をさすなど、日焼け対策はバッチリしたというときであっても、汗や水で日焼け止めが流れてしまったり、つい日焼けしてしまうこともありますよね。

 

日焼けした肌を早く戻したい場合、すぐに美白効果の高い化粧品を使いたくなるものですが、美白成分の中には刺激の強いものもあり、火照りがまだ残るうちに使うと刺激で肌荒れを引き起こす事があります

 

こちらでは、日焼けした肌を早く白く戻す方法や、日焼け後に使いやすい低刺激コスメをまとめました。

 

日焼けした肌を早く白くする方法リスト

日焼けした肌を早く戻す!この順番で試してみて

1:日焼け直後であれば、まずは冷やす

外出して帰ってきたら肌がヒリヒリ、夜になっても火照りが収まらない・・・

 

こういう時は肌が火傷を起こしている状態です。このタイミングで真っ先にやる事は肌を冷やす事。

  • 冷水に肌を当て続ける
  • 保冷剤を塗れたタオルにくるんで肌を冷やす

など、肌のヒリヒリがある程度とれるまで続けます。

 

もし日焼けした場所が背中など、広い範囲にわたっている場合は、冷水シャワーがおすすめです。

 

2:日焼けした肌はカラカラに乾燥している!徹底保湿で肌の生まれ変わりを促す

日焼けした肌を白くする方法!早く戻したい時にやる事リスト

 

日に焼けた肌は水分が奪い取られ、非常に乾燥しています。

 

乾燥を放っておくと、肌バリアを守る角層が乱れてスカスカになり、肌の潤いを守っていた水分蒸発がしやすくなる上、紫外線の影響を強く受けやすくなってしまいます。

 

肌が乾燥したままだと、日焼け後の肌の色を戻すためのターンオーバーも遅れがちに

 

ターンオーバーが遅れると、肌が元に戻るタイミングも遅くなります

 

早く日焼けした肌を治すためにも、とにかく保湿を心がけましょう。

 

化粧水のローションパックが特におすすめです。

 

この時気を付けたいのが、低刺激な化粧品を使う事

 

日焼けした後だと、美白効果の高い化粧品ですぐに肌を白く戻したくなるものですが、美白成分の中には肌がピリピリするなど刺激の多いものもあり、日焼けで弱った肌に使うと、肌荒れなどトラブルを引き起こす場合もあります。

 

あとやはり刺激が強いのでアルコール入りの化粧品もおすすめしません

 

日焼け後に使うのであれば、保湿メインのものを選ぶようにしてくださいね。

 

次の化粧品は保湿力が高く、また美白効果成分も入った低刺激なコスメなので、日焼け後のお手入れにおすすめです。

 

サエル(POLAオルビス/ディセンシア)

 

敏感肌用に作られている低刺激美白コスメです。

 

炎症を抑える天然成分「コウキエキス」、「ムラサキシキブエキス」、「アルニカエキス」も入り、日焼け後の刺激が気になる肌に使いやすい化粧品です。

 

保湿力が最も高いといわれるヒト型セラミドも配合され、日焼け後の乾いた肌にたっぷりと潤いを与えます。

 

高い保湿力で新陳代謝を促し、また弱った肌を正常な状態へと導きます

 

サエルの口コミを見る>>

 

アスタリフトホワイト(富士フィルム)

 

こちらも刺激の少ない高保湿美白コスメ

 

まろやかな感触の化粧水、ぷるぷるになるクリームと日焼けに疲れた肌が喜びそうな、やさしい感触のコスメです。

 

抗酸化成分アスタキサンチンを配合し、紫外線の影響によるコラーゲン変性を防ぐので、シワやたるみなど光老化対策も可能です。

 

アスタリフトホワイトの口コミを見る>>

 

3:身体の中から徹底美白!ビタミンCを多めにとろう

日焼けした肌を白く戻す場合、積極的に取りたい栄養分がビタミンC。

 

シミを抑制し、出来てしまったメラニンを還元してシミを薄くする効果があります。

 

レモンなどの柑橘系のほか、日常的に摂取しやすいビタミンCでおすすめなのがキウイ

 

種類にもよりますがキウイ1個で、レモン6個〜8個分のビタミンCが含まれています。

 

あと、ビタミンCは熱に弱く壊れやすい性質ですが、パプリカやゴーヤのビタミンCは熱に壊れにくくビタミンCもたっぷり含まれているので、こちらも積極的にとりたい食材です。

 

ビタミンC以外にも、メラニンの生成の抑制効果が期待できる成分には、L-システインやエラグ酸があります。

 

L-システインは大豆(納豆・豆腐・味噌など)やはちみつ、エラグ酸はベリー系の果物やざくろに多い成分です。

 

食材だけでなかなか栄養をとりにくい、という事であればビタミンC粉末を摂取してみるのもおすすめです。

 

日焼けした肌を白くする方法!早く戻したい時にやる事リスト

 

こちらは、岩城製薬会社のビタミンC(アスコルビン酸)粉末。

 

純粋なビタミンCの粉末です。

 

シミ、そばかす、日焼け、かぶれなどによる色素沈着に期待できます。ビタミンCは一度に大量摂取しても体内で長時間キープできず、尿と一緒に出てしまいます。

 

日焼けをして早く戻したい時は、朝晩1gずつ(1日2g)が目安になります。

 

4:肌が落ち着いてきたら、美白効果の高い化粧品を使おう

日焼けによる炎症が治まったら、美白効果の高い成分が配合されたものを使ってみましょう。

 

先ほど、ご紹介した「サエル」「アスタリフトホワイト」には、美白成分のビタミンC誘導体やアルブチンなどが含まれているため、継続的にお手入れしていけば、お肌も徐々に変化がみられるかと思います。

 

ただ、一刻でも早く白くしたい!焼けた肌を戻したい!という事であれば、おすすめしたいのが美白成分「ハイドロキノン」を配合した化粧品。

 

ハイドロキノンは、現在のところ最もシミ消し効果が高いといわれる美白成分で、美容クリニックのシミ治療でも使われています。

 

 

ハイドロキノン使用した高保湿コスメ:ビーグレン

 

美白効果の高いハイドロキノン、ビタミンCを使った美白コスメ。

 

シミが消えた、肌のくすみがとれた、など実際に使った人からの評価が高くリピーターの多いブランドです。

 

ハイドロキノンやビタミンCの効果が発揮されやすいよう、ビーグレンでは化粧水は17時間潤いが続くものを、保湿クリームも乾燥肌でも長時間潤うリッチなものを使っています。

 

保湿力が高いと美白効果も早く発揮しやすいので、ビーグレン製品は本気で美白に取り組みたい方に非常に売れています。

 

ハイドロキノンは刺激性もある成分なのですが、ビーグレンは人の肌に刺激を与えないよう、皮脂と似た成分で出来た何層にも包まれた特殊カプセルを使い、肌の中でゆっくりとハイドロキノンが放出されるように設計しています。

 

そのため、ハイドロキノン配合化粧品としては、ビーグレンはかなりの低刺激で使いやすいコスメ。

 

ビーグレン化粧品は、効果は高いけれども余分な成分を入れていないので、比較的誰でも使いやすいでしょう。

 

ただハイドロキノン自体は、肌への負担も多少ある成分なので、完全に日焼けの炎症が治まってから使うようにしてくださいね。

 

ビーグレンの効果や口コミを見る>>

 

5:よく寝て肌の生まれ変わりを助ける

寝ている間は成長ホルモンが出て、傷ついた細胞の修復が行われます。

 

健康な肌は1か月を目安に生まれ変わりますが、睡眠不足が重なると肌のターンオーバーがうまくいかず、古い肌をまとった状態に

 

肌の状態が気になる時は、特に意識して睡眠時間を確保するようにしましょう。

 

 

上記にあげた他、日常的に紫外線対策を行う事ももちろん大切です。日焼け止めをこまめに塗って今以上に日焼けが悪化しないよう気を付けましょう。

 

もし日焼け止めを使うと肌が荒れてしまう、という事であれば皮膚に塗らずに紫外線対策できる「飲む日焼け止めサプリ」もあるので、そちらを利用していくのも良いでしょう。

このページの先頭へ