色素沈着の無い肌を目指して

見た目年齢、これを決めるのは肌の状態と言われています。

肌がくすんでいる人は周囲に老けた印象を与えてしまいがちなため、それを隠そうと化粧を重ねてしまいます。

しかし、化粧を重ねた肌は不自然であり、逆に見た目年齢が上がってしまうこともあるのでおすすめ出来ません。

では、透明感のある肌を作る方法とは一体何があるのでしょう。

 

透明

そもそも透明感のある肌とは色素沈着の無い肌のことを指します。

色素沈着の原因は紫外線の影響で出来るシミやそばかす、ニキビや虫刺されなどですが、ニキビや虫刺されが原因による色素沈着は症状が改善すると自然と消えてなくなります。

症状状が複数個所に見られる場合や炎症が長引いて治りが遅い場合は、色素沈着も進行してしまいますので早い段階での治療がカギとなります。

また、強い紫外線により重症化したシミやそばかすも自然と消える事はないため、美白化粧品による症状の改善、もしくは医療機関での治療が必要となります。

 

色素

しかし、まずは色素沈着を作らないよう予防してあげることが大切です。

色素沈着の予防法としては炎症を起こさない清潔な肌のキープにあります。

毎日の洗顔とスキンケアはもちろんのこと、皮膚を擦り過ぎないということも重要です。

また、女性はホルモンの働きによって色素沈着を作り出してしまうこともあるため、ホルモンバランスが崩れないよう、ストレスや疲れを溜めない努力が必要です。



このページの先頭へ