美白に効果的な栄養素とは

 

私たちの身体にとって必要な必須栄養素は46種類にも及び、毎日の食事でバランス良く摂取したいものです。中でも美白を作り上げるうえで特に摂取したい栄養素は5種類あり、その効果をここでは紹介したいと思います。

 

まず1つ目の栄養素はビタミンAです。ビタミンAが持つ美白効果は肌の潤いを保つということです。肌の乾燥やシワの原因はビタミンAの不足とも言われるほどであり、潤いに満ちた肌を維持するには欠かせない栄養素と言えます。次にビタミンB群は、皮脂の分泌量が不安定になることで生じる肌荒れやニキビの防止に欠かすことが出来ない栄養素です。そしてビタミンCは美白効果に最も効果的とされる栄養素です。最近は1本で1日分のビタミンを摂取できる飲み物も多く販売されていますので、家事や仕事の合間の水分摂取にもってこいと言えます。また、ビタミンEは肌のターンオーバーを促す効果やシミの出来にくい肌作り、そして肌の老化防止にも効果を発揮します。最後は女性にとっては必要不可欠と言われる鉄分を豊富に含むミネラルです。鉄分の不足は肌をくすませ、顔色を暗くしてしまいます。肌の健康維持にはビタミンに並ぶ、大切な栄養素です。

 

このように種類をあげてみると、美白に必要とされる栄養素の多くはビタミンであることがわかります。毎日食事による摂取が困難な場合は、不足した栄養素をサプリメントで補うのも良いのではないでしょうか。

 

美白効果を上げる調理方法

私たちは毎日食べることによって、身体を作る上で、また健康を維持する上で非常に大切な栄養素を摂取しています。食材は生のまま食べられる物や加熱処理をしてから食べる物、生でも加熱処理してでも食べられる物など様々であり、調理法次第では栄養素の吸収率がとりわけアップする食材もあります。もちろん、食材の中には美白効果に良い物もたくさんありますので、調理の仕方でさらにその効果をアップさせることができるのは魅力的ではないでしょうか。自分がより摂取したいと思う栄養素の調理法だけでも知っておくと、調理も楽しくなるのではないでしょうか。

 

例えば、水溶性であるビタミンCは野菜に豊富に含まれていますが、長時間茹でることによって栄養素は外に溶け出てしまいます。湯通しして温野菜を作る時には栄養素が溶け出ることを防ぐために、電子レンジを使用するのが良いかと思います。また、油溶性であるビタミンAやビタミンEは生野菜として食べるよりも油で調理することによって栄養の吸収率がアップしますので、緑黄色野菜は炒めてソテーに、果物は煮詰めてソースにするのがおすすめです。リコピンを豊富に含むトマトは熱を加えることによってトマトの細胞壁が壊され、栄養が溶けだすため生で食べるよりも効率よく栄養を摂ることができます。ミキサーにかけてトマトジュースにするというひと手間で、そのまま食べるよりは体内への吸収率が格段にアップします。日によって調理法を変える事で飽きることなく食べ続けることもできるのではないでしょうか。

このページの先頭へ